東京のヴィンテージマンション専用ポータルサイト

東京ヴィンテージマンションTOP> ビラ・ノーバ

ビラ・ノーバ

SALE 仲介手数料割引

世田谷のビラシリーズ 中庭の緑を望む


世田谷区上馬5丁目の閑静な住宅街に佇むヴィンテージマンションです。
設計は、日本のモダニズム建築に大きな功績を残した坂倉準三建築研究所。直線的なファサードや、内部のシンボルツリーを囲む中庭が目を引きます。
地上3階建、総戸数13戸のこじんまりしたコミュニティですが、共用部も清潔に保たれ、大切に住まわれていることが伺えます。

  • 外観
  • 間取り

REPORT

 

東急世田谷線「松陰神社」駅から徒歩8分、世田谷区上馬5丁目に佇むヴィンテージマンション。

坂倉準三建築研究所による設計で、名作「ビラシリーズ」の中でも後期に建築されたマンションです。隣接する「ビラ・サピエンザ」は、このビラ・ノーバの後に建てられ、この二つのマンションは個々の独立したマンションではありますが、関連性を意識して計画された双子のようなマンションです。

ビラ・サピエンザがピンクグレーのタイル張りの外観なのに対し、このビラノーバは青みがかったグレーのタイル張りになっています。

 

DSC05658
DSC05660のコピー_edited-1
DSC05664のコピー

 

ファサードはシンメトリーなデザイン。

直線的なファサードや凸凹とした壁面構成が正にモダニズムを感じさせます。

エントランスには「ビラ・セレーナ」や「ビラ・フレスカ」にも見られるアイアンの幾何学的なゲートが。

オートロックではありませんが、きちんと外と内を隔てたつくりになっています。

 

DSC05665のコピー
DSC05666 DSC05668のコピー

内部に入ると各住戸を結ぶパティオが見えてきます。中央には立派なシンボルツリーが植えられ、どこのお部屋からもこの緑を楽しむ事ができます。

コンクリートむき出しの壁や真っ黒の鉄扉、床にはリズムよくタイルが敷かれ、無機質な空間の中に樹木の緑が映え、計算されたコントラストを愉しめます。

 

DSC05669 DSC05671

各住戸へはそれぞれ階段や路地で繋がれ、中心となるこのパティオはコミュニティスペースの役割を担っています。

勾配屋根に窓が付いていたり、一部は吹き抜けのメゾネットになっていたり…内装もとても雰囲気のある建物です。築年数は経っていますが、必要な修繕を重ね、大切に管理されている様子が伺えます。

 

 

■販売物件ございます。詳細はお問合せくださいませ。

 

 

 

パーツ_地域情報

 

DSC05680 DSC05684
DSC05685_edited-1 DSC05681

 

最寄りの「松陰神社」駅からは徒歩8分。商店街には古くから創業する八百屋さんやおでんやさんなどが軒を連ね、アットホームな下町の雰囲気です。近年ではおしゃれなカフェやベーカリー、デザイン書を扱うブックストアなども次々出店しており、話題のスポットでもあります。

 

DSC05672 DSC05674_edited-1
DSC05673 DSC05676

 

マンション近くの環七と世田谷通りが交わる若林交差点。徒歩2分のところにはバス停「若林三丁目」があります。

三茶・渋谷方面に往来するバスが何便もあり、バスでのアクセスも良好です。日々のお買い物はピーコックが便利です★交番も近所にあるのが安心です。

 

DSC05692

DSC05687

 

三軒茶屋までは世田谷線で3駅♪二両編成のかわいい電車です。三茶までは歩いでも20分以内で行けますよ♪

ACCESS

この物件のお問合せはこちら
お問合せはこちら

物件概要

SALE
物件名
ビラ・ノーバ 
価格
 
間取り
 
専有面積
 
住所
東京都世田谷区上馬5-30-4 
交通
東急世田谷線「松陰神社」駅 徒歩8分、東急田園都市線「駒沢大学」駅 徒歩13分、東急田園都市線「三軒茶屋」駅 バス5分 「若林3丁目」停 徒歩2分 
建築年月日
昭和54年2月 
構造規模
鉄筋コンクリート造3階建 
土地権利
所有権 
用途地域
第一種低層住居専用地域 
総戸数
13戸 
管理会社
浅沼建物株式会社 
管理形態
全部委託(巡回) 
管理費月額
 
修繕積立金
 
現況
 
引渡
 
施工会社
株式会社浅沼組 
分譲会社
興和商事株式会社 
設備
 
備考
販売状況はお問合せください。 
お問合せはこちら

TOPへ